官ノ倉山は標高334メートルと低山だが、工程は変化に富み、歩きがいがある。東武東上線「東武竹沢駅」をスタートとして、指導標に従い官ノ倉山を目指す。途中には三光神社や天王沼池があり、堤には桜と老木の休憩所があります。そこから山道となり、凡そ20分で官ノ倉峠に至る。官ノ倉峠を左に上ると官ノ倉山頂に。334メートルとは思えない素晴らしい展望がそこに。先を進むと石尊山へ。こちらの展望もとても良いながめ。ここから先はちょっと急な岩場になりためご注意を。下りきると北向不動があり、指導標に注意しながら前進。進んでいくと、古代の歴史を秘めた穴八幡古墳や、万葉学者の仙覚律師の碑がある。様々な風景をながめながら小川町駅へ